石垣島キャバクラ・DEEP裏情報 島人が見た真実

石垣島の繁華街キャバクラが密集する美崎町の裏情報、島人が見たお店のレビューをお届けします。

石垣島ナンパ情報2

 

前回は噂につられまんまと騙された俺だが・・

結局のところ俺たち島人はどこでナンパしているかというと・・

目当ての女達いや憧れというか、無い物ねだりというか、南国島人のくせに白い肌の女が大好きなのである!

全国的にも、世界的に見てもやはり白い肌の女は綺麗に見えるんじゃないかと俺は思う!

浅黒いスパニッシュ系ならいい女もいるが、もう黒焦げのアフリカン全開な肌だとどうしても大きなハンデになるとは思わないか?

島人の若い女性は本土に働きに出かけ、島に残っている若い島女はそれだけでも希少だが、絶対数が少なくその中からハイスペックで色白の島人となればもう、絶対的絶滅危惧種的存在で、もうKEEPというかSOLD OUT状態でFREEないい女はまずいない・・

 

そこで俺たちが狙うのは、内地からの観光客だ、一目見ればわかる白い肌・南国に場違いな重装備ファッション、パッシブソナーを打たずともすぐに判別可能である!

 

が、しかし石垣島にはナンパスポットがない・・

全くないのである、女の観光客はまず海遊びを選択し石垣ブルーを満喫しリア充気分を満喫している時大きな隙を見せる、そんな隙だらけノーガード状態の女達を見極め虎視眈々と狙っている奴ら・・そう海のアクティビティ業者達だ!

f:id:code1811:20170824201801j:plain

こんな姿で、人魚やらイラブチャーやらトドのコスプレ女達を沖の浜へ連れてゆき。楽しませた後、夜のガイドも無償で行い夜明けのエクスタシーガイドまでやってのける連中、俺たちの妬みの対象である、昼の海上で上玉を選別できるアクティビティ業者・石垣島ナンパの特権階級達である。

俺たち島人だからといって全員が船を持っているわけでもなく陸の上で徘徊し、アクティビティの連中の食い残し、売れ残りの女達をいみじくも、そうゴミ捨て場を漁るカラスのような気分で漁るしかないのである・・・

要は海帰りの女で余っているやつはなんの価値もない奴らである。

でも俺たちは残飯整理をしているわけでも無い

南国リゾートだからといって海に入らない女達がごく少数いるのだ、まぁそれなりに理由のある属性の女達ではあるが、シミに怯えるお肌の曲がり角な奴らや、粘土をこねてシーサーもどきなキテレツ生物の焼き物を作って喜ぶ、高齢や人と変わった感性の女達・・ちょっと難物ノーマークな女達そんな女達が決まっていく場所、海人居酒屋である狙い目はオーソドックスな居酒屋である、ライブ居酒屋も人気でくたびれた女も多いがなんせライブで無理やりノリを店側が強制してくるのでナンパがとてもしづらく島唄の轟音で会話も発生せず疲労するだけである。

狙い目は海人が経営する居酒屋だ原価割れのメニューも多く刺身系はとても安くボリュームがある、店の構造は座敷で隣との境目がない店内

f:id:code1811:20170824211404j:plain俺にとっての理想の配置だ、この配置の店を皆は頭に叩き込んで選んでいただきたい。

間違っても個室だらけの店に入ってしまったら、その時点でノーサイド・・終了である

しかし難点がある・・・

非常に効率が悪いのだ・・当たり前だが隣の席に観光客の女がくる保証など全くなく、

不漁の日も多々ある、全てが一期一会の運任せなのだ・・

漁に出ても魚が取れる保証もなくただ燃料を使いひたすら魚群を待つ、採れなくてもまた明日また明日とひたすら辛抱強く漁のチャンスを待つ海人の気分をシュミレートできる島人ナンパスタイルである、不漁でも俺たちはへこたれない、そんな日は島酒をかっくらい原価ギリギリで提供されるお得度200%の刺身をアテに店を後にする・・・

『今日は不漁だったけど、明日があるさ〜』と言い残し島人達はまた明日も陸上の漁場に向かっていく採れる保証もなく、刹那の輝きを求めて・・・

f:id:code1811:20170824212605j:plain

しかしどうしても人肌恋しく手っ取り早く出会いたい時・・・

毎日が不漁で男のロマンだけではモチベートが保てない時・・

結局は美崎町に舞い戻ってゆくのである、船を持たない島人ナンパ師の唯一の母港・・

美崎町飲屋街へ・・・

そんなのナンパじゃないって?そんなことはない・・事実島人達は男女バランスの崩れきったこの町でも彼女を作り結婚をしている・・大きな供給先は・・・美崎町キャバクラである、CAST達は石垣島が好きで旅行気分でバイトしているが島に惹かれ半永住している女も多く在籍している、ある程度滞在時間が立つと女も寂しくなるのである・・

その一瞬の隙を求めて俺たちは居酒屋で不漁でもわが母港・美崎町に行けば漁ができる安心感はある、内地のキャバクラでは味わえないFALLIN LOVEな瞬間が稀にあるのだ。

チャンスフラグの見極め方はいづれ記事にするとして・・・

俺は今日もいくばくかの金をポケットに押し込み夜の暗黒街へ・・・

f:id:code1811:20170824214131j:plain

石垣島ナンパ情報

石垣島でナンパできるか?

女性が石垣島に来ると滞在中に3回はナンパされるという定説がある・・・

果たして実態はどうなのか?どこでナンパしているのか?レポートしてみたい。

ROUND1

f:id:code1811:20170820144930j:plain

観光なら必ず訪れるだろう730交差点、石垣島のランドマーク、土産物やらA&W(内地にはないハンバーガー屋チェーン)

f:id:code1811:20170820145239j:plainなどが立ち並ぶ石垣島版ハチ公前スクランブル交差点だ、ここは女子率も高いが、島人の男達は全く昼間はいない・・なぜなら昼間は日差しがきつすぎて体力の消耗とストリートナンパの効率から考えても非常にコスパの悪いポイントだ、昼間歩いているのは、南国の日差しを舐めきった観光客だけである、ある意味競合がいないので体力気力語力+ヤケドも平気だぜってな内地のナンパ猛者達はチャレンジして見ていただきたい、生命線の水分補給基地FAMILY MARTもあるので変態扱いのリスクを乗り越えてコンビニ内ナンパもしながら体力は温存できるだろう・・通報されなければの話だが・・・

日中ナンパが不成立で、夕方小腹が空いたらA&Wハンバーガーを食い、飲み放題サービスにつられルートビアなる摩訶不思議というか、飲める代物ではない炭酸飲料の味に顔を歪めROUND2夜のナンパだ・・

ROUND2

日差しも弱まる夕刻だが石垣島の気温はあまり変わらない、快適指数0不快指数100の

まるで蒸し風呂状態と定評あるスポット・離島ターミナル近くにある・・

オープン数ヶ月は賑わっていたが、今は閑散としスラム化しそうな将来イメージが見え隠れする複合施設・・石垣島ビレッジに向かおう・・・

f:id:code1811:20170820152228j:plain

いかにも観光客受けしそうな、ギラギラとした照明の建物・・一見良さそうに見えるが

ペラペラの建物、冷静に見ると微妙・・・

ここは3坪程度の店がひしめき合い、屋台村の様相を呈しているが、どの店も小さく地元の普通のやつらはリピートしたと聞いたことない。建物が老朽化しスラム化した未来予想図が島人にはそう遠くないともっぱらの評判・将来クーロン城化して世界遺産登録の可能性をひめた大失敗プロジェクト・・・坪単価が以上に高く小箱しかないため店舗として全く収益性が見えない地獄物件である。事実開業して二年目であるがオープン当初に入居していたテナントも半数近く撤退しバカデペロッパーとバカ店主の無能経営面白博物館である・・

 

俺にとって衝撃だったのは3坪程度のエアコンの効かない店に鉄板をカウンターにぶちこみ、提供されるメニューはお好み焼き・・・食べては見たかったが、むせかえるような夏の石垣島の夜、冷房のない狭い空間に押し込まれ顔の下からは鉄板の熱気・・地獄のような環境で誰がアツアツのお好み焼きを食べるだろうか?赤道直下のケニア人でも卒倒するだろう・・事実オープン後秒殺で撤退・・もうアフォの極みである。そんなアフォ経営者が大金突っ込んで開業し大損こいて撤退するレアケースを幾度となく見れる石垣島ビレッジ・・アフォがテナントを募集しアフォが開業しアフォが島気分を満喫する。美しくも儚い三重奏を体験できる日はそう長くないかもしれない・・

f:id:code1811:20170820152835j:plain

実際ここに入居しているテナント、石垣島発祥の店など皆無で・・内地の会社が石垣島の着ぐるみを来た、な〜んちゃって石垣島ブランド店舗の集合体である

 

何も知らない観光客は立地と照明効果でまんまと騙され、石垣市にとって税収は内地に流れる島人&観光客にとっても非常にアンフェア極まりない偽石垣名産複合店舗だ・・

 

 

そんなエセ石垣島人が運営する、とある店が非常にナンパが出来ると聞き早速ダイブしてきた。

 

ここのビレッジの店舗だが、オープンエアで通路やらにテーブルを置きまくり、店がどれも小さいのですし詰め状態である、内地なら隣の客と近くて何やらチャンスがあるんだろうが・・ここはオープンエアな南国熱帯夜店舗・・・・冷房がないに等しいのである・・

想像してほしい・・夏場に塩気混じりの湿度90近い・温風ミストが店内を駆け巡り・・犬小屋並みの省スペースで酒を飲む・・不快指数メーター振り切り測定不能なデンジャーゾーン・汗と海と・酒の匂いが入り混じった・温風ミストサウナ完備の犬小屋店舗群に、唯一賑わっている店・・そうナンパができると噂の犬小屋店舗だ・・

 

店に到着したのは午後6時・・カウンターだけの非常に狭い店舗・・1人が座るスペースに2人ぶんの席を無理矢理ぶち込んでいる超高坪効率全開の店づくり・・

 

コの字カウンターの真ん中に有無を言わさず着席させられた、両サイドに着席しているのは地元ヅラの移住組ナイチャーらしき小金持ってるアピール全開のゲスなおっさん、反対側には仕事で内地と島を行き来している胡散臭さ全開のエセ島人に陣取られていた、そりゃぁ、こんなところは地元人は行かないだろう、石垣風福岡料理。石垣風神戸料理???よくわからんカテゴリーのメニューも散見し、観光客は島料理を安価で堪能した気分にさせてくれる店だった、あくまで気分だけではあるが・・・

 

1000ベロセットですか〜?ん・・どうやら1000でドリンク3杯とツマミが付いてくるそうな・・とりあえず汗を大量にかきまくった俺はビールを所望・うまい・・光速の速さで小さめのビアジョッキを飲み干した俺はお代わり!

店員『ビールは1杯だけです・・』ちっ!誇大広告かよ・・あとはチューハイとハイボールかよ、流石に石垣の皮を被ったナイチャー店舗だけある、騙すのがお上手ですな・・こんな商売が成り立つのは観光地ならではだと思う・夏が終わり気温が下がり観光客が減ると、この店の売り上げも気温とともに下がるんだろうなと、夏の終わりに感じるセンチメンタルな気分を疑似体験させるコンセプト!まるで海の家である。

 

話を戻そう・・ナンパである、入店してから30分オンナの姿は見当たらない、両サイドには暇を持て余したゲスなおっさん多分関西出身だろう・・エセ島人の少し若い奴とふ2組、このロケーション的に盛り上がるわけでもなく不機嫌そうに無言で飲んでいる、本人たちはプレイボーイ気分満開なんだろうが、男の俺から見ても非常にダサい!ダサすぎるのである、まぁ俺も人のことを言えた義理ではないが、

f:id:code1811:20170820172333j:plain関西移民系オッサン

f:id:code1811:20170820173326j:plainエセ島人!真夏に何で長袖

 

こんなイメージのやつらが不機嫌そうに無言で飲んでいる奴らの真ん中にポジショニングしている俺、何とも言えない悲哀に満ちたシュールな空間である。

 

ホントにこんなでナンパできるのかよ・・・そんな状態で酒のピッチが早まるわけでもなく、ローギア・エコモードで1時間くらい過ぎた頃・・常連ぽい女性が2人来店する気配を背中で感じた・・二人が案内されたのは関西ゲスおっさんの横・・風貌は健康すぎる、いや将来 皮膚ガン・シミだらけまっしぐらの焦げまくったゴリラ女が現れた、話を聞いているとどうやら内地からきたダイビングショップスタッフのようである、全くロースペックというか分類上メスなだけでありえんレベル、だが状況は一変した!関西系おっさんが動いた!『よかったら一杯どうですかぁ〜』脂ぎった顔にヤニで黄色く黄ばんだ歯をむき出し薄気味悪い笑顔を前面に押し出してきた。

f:id:code1811:20170820201544j:plain

正直、ナンパが成立しようが失敗しようがどうでも良い見るに耐えないおぞましい光景が俺の目の前で繰り広げられている・・が『えぇ〜いいんですかぁ?』予定どうりと言わんばかりの顔に似つかわしくない全身の鳥肌が立つほどの悪寒が走る黄色い声!

本人達は、利害と属性の一致でご満悦、他者からするとおぞましい響宴が始まった・・・

 

数分後続々と色に飢えた男どもが通路前の違法設置テーブルに陣取り始めた・・

しかし、島人の姿は見当たらない・・マリンアクティビティ系の内地からバイトできたチンピラ風情のやつらで埋め尽くされた・・程なくゴリラとゲスなおっさんチンピラと見事なド底辺客層が出来上がり。オンナがいないまま黙々と不機嫌な顔つきで飲むチンピラ達と動物園まがいのカップルが騒ぐカオス状態になった。こんな状況では普通の女子は立ち寄れないだろうと・・・思いきや7:00を過ぎた頃からちらほらと日に焼けた観光客とは明らかに違うナイチャー女子が数組現れた、その内の1組チビとノッポのコンビがカウンターに座った、降って湧いたチャンス!刹那!エセ島人が今までの不機嫌極まりないような過去から一転やはりだらしなく『一杯いかがですか〜?』関西おっさんと同じトーク・・女たちは『えぇ〜いいんんですか〜?』全くのルーチントークである・男も女も全くひねりも何にもないトークで次々と、ナンパが成功していくのである、なんて簡単なんだ!

出足の遅れた俺は何も手立てがなく、焦燥感と失望感を得たまま決断した!

f:id:code1811:20170820212945j:plain

今いる女達は他の男達に譲ってやろうじゃないか・・

俺は今夜の宴の傍観者となり後世に物語を残す語り部・・吟遊詩人となり皆のナンパ成功例を冷静に綴っていこうじゃないか・・・

ただのチキンでナンパのステージすら立てなかった情けない男の、みっともない自己弁護であるが、そう言い聞かせなければとてもやるせなくなるほどあちこちでドンドンカップル成立しまくり入れ食い状態である・・

 

噂は本当だった!こんな簡単に!ナンパができるスポットがあったんだ!

石垣島ありがとう!石垣ビレッジありがとう!

次は友達誘ってコンビでナンパにリピートだ!

ボッチ飲みなのに、なぜか俺もテンション上がりまくりである!

 

野獣達の響宴のテンションがMAXに達する夜8時前異変が起こった・・・

後から来ていた小ましな女たちが次々と店から去っていく・・一銭も払わずナンパ師達の引きとめ工作も虚しく・・・

 

続いてゴリラ女までもが去り・・8:30にはまた険しい顔をしたゲスな野獣達の険悪なムードのどうしようもない空間となってしまい・・そのままテンションが復活するわけでもなく・・終宴の時が来た・・まるでB旧映画並みのオープニングのテンションから中盤にかけてのグダグダなストーリー展開をリアルに体験してしまった・・そのままエンディングへ・・・

そんなにみんな早く家路につくのか・・・?

 

これには裏がありそうだ、後日聞き込み調査を開始し、俺の持てる最大限の情報ネットワークをフル活用して得た真実とは・・・・

結局のところ8:30に女は家路についてはいなかったのである、ではどこへ?

オンナたちが向かうその先には男どもは誰も知らない俺だけのブルーオーシャンがそこにある・・?

 

期待に胸を膨らまし、情報源からの報告を待っていた俺に真実を伝える電話がすぐになった。

情報源『あぁ、ビレッジね〜あそこに来るオンナ達は、タダ飲み目当ての乞食オンナばっかだよ〜、あいつら出会いを求めて来てるんじゃなく、男がホイホイ鼻の下伸ばしておごるからタダ酒目当てのクズばっかだよ〜、俺らはあんな奴ら全く相手にしてないよ〜』・・・!!??💢中にはキャバ嬢が出勤前にタダメシ目当てで来てあとは知らんぷりする奴らも多く、人にたかって8:00に出勤するんだそうだ・・自分の店でタカれよ!💢

 

f:id:code1811:20170820230047j:plain

あろうことか俺たち男達は、腐れビッチ共のATMだったのである!ナンパではなくただの乞食オンナ達に食い物にされていただけである・・・

男の欲望を逆手に愛想よく振りまきタダ酒とツマミ程度の小銭を節約する腐れオンナたちの溜まり場だったのである・・・

 

冷静に振り返ると店員もナンパを止めるどころか促進するようなトークでセッティングをしていたのである・・最初はなんて男心をわかった素晴らしいキューピットのように見えた奴らが、クソオンナ達と結託し、男達から飲み代を巻き上げる見事なマッチングビジネスを展開していたのだ・・・聞けばビレッジの他の店も同じようなもので見事な疑似恋愛の場・・そうキャバクラと何ら変わらない、男の純情を踏みにじる悪徳店舗の集合体だったのだ!

 

俺の願望・・いや幻想を見事に裏切ってくれたビレッジのクソ女ども・・・

もうあそこにいくこともなければ、夢を膨らませることはないだろう・・一夜限りの勘違い野郎達の協奏曲・・ここに記すが、俺の記憶からは一刻も早く消したい後味の悪い1日だった・・・

f:id:code1811:20170820231429j:plain

 

 

 

美崎町の入り口、好立地にあるとんでもない地雷店舗

美崎町の東側入り口、いわゆる玄関口にある1f店舗がトンデモないボッタクリ地雷店舗な件!

 

f:id:code1811:20170817201712j:plain

美崎町には西側(海側)と東側(内陸側)と二つの入り口があり、東側は観光としてのメイン、ユーグレナモールがあり、最近は小洒落たバルもでき観光女子やファミリー層もよく通る、明るい入口の方である、その東側入り口おーりとーりのアーチをくぐってすぐ視界に飛び込んで来る店舗、内地の繁華街なら優良フラグ立ちまくりの好立地・・美崎町の顔とでもいうようなポジティブフラグ立ちまくりの店舗が、強烈に極悪非道だった・・・

 

もともと地元でもあまり良い噂は聞いていなかったが、実際に友人の中で行ったことがある人物がいなかったので人柱覚悟で行ってみることにした(実際門構えや立地からしてもそんなに酷くはないだろうと)

 

俺の美崎町の侵入ルートはいつも東側から入っていく・・いつも真っ先に視界に飛び込んで来るのは小洒落たナイチャー達がワインなどを嗜みリア充気分で南国気分に浸れるバルを横目に暗黒街へと入っていく、正直このバル、繁盛していつも満席だが総ガラス張りで、客席は外に向けて座らせるレイアウトのため、日が沈んで来ると店内が丸見えになってしまい、通りに向かって浮かれ気分で大口開けて食事をしているナイチャー女子を毎回横目で嘲笑しながらも、少しのテンションダウンと色ボケしない冷静さを与えてくれる、ステキなランドマークである。

f:id:code1811:20170817204808j:plain

南国リゾートは女性の身も心を解放するとはよく聞くが、羞恥心まで解放するとは・・・南国リゾートに生まれた俺にとって非常に感慨深い光景がデフォで目にできる島人にとってのナイチャー醜女博物館である。

 

ほんの少しの喪失感と冷淡な笑みを浮かべ数M歩くといよいよ美崎町に到達だ。

まず目に飛び込んで来るのは、どこの繁華街にもあるであろう一際目立つ下品な照明と無料のキーワードが看板のアレである・・

 

f:id:code1811:20170817210254j:plain

そう・・無料案内所

おそらく観光で遊びに来た方達は最初に目指すのがここだろう・・

ここが地獄の入り口とも知らずに・・誘蛾灯に誘われる何も知らない観光客・・

吸い寄せられたその末路は・・あえて言及する必要もないだろう・・

後にナイチャーに聞いた話だがどうやらここ美崎町と本土では案内所の役割やシステムが全く違うようだ、当然島人は利用しないし、観光客御用達のビジネスモデルである、それについてはいずれまた記事にしていきたい。

 

件の店はこの画像から反対側、案内所の前に立ち後ろを向けばある・・・

話を戻そう・・画像の位置からそのまま振り向いて正面にある店を認識した読者はそのまま美崎町奥地に潜入をオススメする・・・

この案内所と極悪店舗が美崎町入り口に、まるでシーサーのように左右対称に鎮座している・・この極悪シーサーの誘惑を断ち切って中心地までたどり着けた勇者達のみが美崎町の本当の楽しさを味わえる、いわば登竜門である。

最後のトラップ・・これは今美崎町で勃発している大問題(現時点では伏せておく)

神出鬼没な、笑顔で近づいて来る親切なブルーTシャツ(目は笑っていない)この連中だけは、正直会話するのもやめておいた方がいいとだけ言及しておく。

問題が解決すればまた記事にするので、待っていてほしい。

 

話を戻そう・・本題はここからである

店構えからすると良い印象・・

店に入ると・・ガラガラ・入店時間は俺の時計では9時過ぎをさしていた。

美崎町が目覚めるのは少し遅めの9時、みんな遅い時間から飲みに出て深夜まで飲み歩くことが多い、なぜならもともと交通機関がハナっからなく、終電の概念がないためだ、ピークは0:00前後、各店舗違法営業時間帯が稼ぎどきなのだ、俺はそんな時間には飲みに行かない、早い時間に行けばCASTが余っていてよりどりみどりな場合が多いからだ。

が!・・・ここだけは違った・・9時過ぎに店内はお客は0・・ラッキーか?CAST選び放題だぜ・・心は高揚した・・

店内のCASTを探した・カウンターに待機していた子を何気に見ると・・全身タトゥー!?こいつはないな・・そこにもう一人のCASTが現れた・・えっ!? ここはキャバクラだろ?見るからに40前のくたびれた女!絶対につかないでほしいこんなだったら18番街の方がまだ楽しめるわな・・・そう思いながら着席していると店のスタッフから『今、CASTが余っているので2人おつけしますね?』ラッキー!

 

・・・・さっきの二人が・・・・最後までこのクソ女だけ・・回転せず・・結局帰るまで他のキャストの顔を見ることはなかった・・出勤2人だけかよ💢

まぁ当たり外れも人生か1setで早々に退散するとしよう、入店5分で死亡フラグが立ち上がった刹那『ドリンク飲んでいいですか〜?』と刺青女、間髪入れず『え?じゃぁ私も』とくたびれ女、俺の了解も得ず勝手に注文し始めた・・まぁ一杯ずつなら勉強料とするかと自分に言い聞かせキリのいいところで撤収か・・・

 

しかしこの女達が本当にひどかった客のことをなんとも思っていないのか、俺を無視してふたりでくっちゃべって酒をがぶ飲みし始め勝手におかわりを注文し始めたのである・・

f:id:code1811:20170818014534j:plain

もうこれでは楽しいどころか恐怖である、しかし俺も島人男、女にはあまり文句は言わない、1時間もたないので30分できりあげてチェックをボーイに伝えたところ、くたびれ女『まだ帰っちゃダメよ、時間までいなさい』と両サイドにくそCASTが俺を拘束し始め、ボーイに助けを求める視線を送ると笑ってやがる💢

 

この状況はまずい・・・未だかつてないやばい状況・若かりし頃新宿でぼったくられたあの雰囲気が走馬灯のように頭をよぎった・・・

 

羽交い締めにあった気分を振りほどき無理やりお会計!

 

提示された金額

・・

・・・

・・・・・

!?40分かそこらで2万円!? 内地の観光で来られた方には、さほど気にならないかもしれないが・・・

こっちの相場は1人¥6~7000円ぐらいだ・・それがあの内容でこれはひどい・ひどすぎる・・・

明細を見たらあのクサレCASTのドリンク代が大半だった!

いくら拒否してもこれは無理だろう・・

噂は本当だったのか・・もう2度とこの店は来ることはないだろう・・・

f:id:code1811:20170818152910j:plain

こんな店が一等地に存在しているとは、スタッフどころか全てが腐って嫌がる・・

早々に軍資金が無くなった俺は極度の疲労感に襲われ家路につくため店を出た入り口の看板にセット代¥5000と明記してあった・・・・